入居の流れ

よくあるご質問

介護保険について

  • どのような介護サービスが受けられますか?
  • 入浴・洗濯、シーツ交換・掃除、食事介助、モーニングケア、ナイトケア、排泄介助、服薬管理、外出、買物など状態に合わせた介護サービスが受けられます。
  • 自宅近くのロイヤルレジデンスを利用したいのですが
  • 全国で施設展開をしております。お近くの施設をご利用下さい。
    今後もより多くの方々にご利用頂ける全国的な施設展開を目指しております。
  • ロイヤルレジデンスの見学はできますか?
  • どの施設も随時見学を行っております。HP経由または直接施設に見学予約の申し込みを入れてご来館下さい。皆様のご来館を心よりお待ちしております。
  • 介護に関する資料を送ってもらえますか?送ってもらえるのであれば、どのようにすれば入手出来ますか?
  • HP経由又は施設に直接ご連絡いただけると希望の施設の資料を郵送させていただきます。
  • 施設でリハビリをしてもらえるのですか?
  • 介護保険の給付内であれば、訪問介護のサービスにて提供させていただきます。介護保険対象外の場合には、有料サービスでサービス提供させていただきます。
  • 入浴時の性別の指定はできますか?
  • 出来ます。楽しく入浴いただく為にも入居者様の立場に立ったサービス提供を心がけておりそのようなご希望があれば、お申し出いただければ対応いたします。
  • 貴社の施設に入居した場合に、貴社の介護サービスと 他の介護事業所の介護サービスを同時に受けることはできますか?
  • 同時に介護サービス提供を受けることができます。ケアマネージャが作成するサービス提供表に基づき介護サービスが受けられますので、 弊社と弊社以外の介護事業所のサービス提供を提供表に盛り込んでいたければ可能です。
  • お試しで入居することはできますか?
  • 体験入居(最長6泊7日)でお試し可能です。
  • サービス料金はどれくらいかかりますか?
  • (施設にもより金額の幅が異なりますが)家賃・管理費・水道光熱費・食費代を含めて約11万円~20万円弱で、別途、介護サービスの自己負担と医薬費・嗜好品・消耗品代がかかります。
  • 入居までの流れを教えてください。
  • 先ずは、施設にご見学にお越しいただき、ご入居後の生活の様子や費用面等のご説明をいたします。 ご入居のお申し込みをいただけると居室利用や介護サービス利用の重要事項説明等いたします。入居までのフローは、次の通りとなります。 ①施設ご見学 ②入居申し込み ③重要事項説明 ④契約書締結 ⑤敷金・入居保証金 ⑥入居開始
  • ケアプランの作成をお願いしたいのですが、どこに連絡すればよいですか?
  • ケアマネージャーに作成いただくことになります。既に担当ケアマネージャーが決まっていれば担当ケアマネージャーに作成依頼をお願い します。ケアマネージャーが決まっていないのであれば、弊社からご紹介することもできます。
  • 希望しているサービスをケアプランに入れてもらえますか?
  • 担当ケアマネージャーにその旨ご希望をお伝え下さい。ケアマネージャーがサービス提供表作成時にご希望等を反映したサービス提供表に 仕上げていただくことでご希望のサービスを受けることができます。
  • 他の入居者との交流や施設で何かイベントなどはあるのですか?
  • 季節によって雛祭り・お花見・盆踊り等行っております。施設内で入居者間の交流やボランティアにもご協力いただき各種交流があります。
  • 家族の分の食事や洗濯もお願いできますか?
  • 家族様の食事は食事間の2時間前にご連絡頂ければ可能です。 家族様の洗濯は介護保険外ですので、ご希望であれば、有料サービスで洗濯させて頂きます。
  • 市役所へ各種手続き、銀行などへの用事もお願いすることはできますか?
  • 有料サービスにて対応させて頂きます。
  • 食事メニューの希望を聞いてもらえますか?
  • ご希望を伝えていただければ、対応可能な範囲内で対応させていただきます。
  • 家族が来館できない時の病院への送迎をお願いすることは出来ますか?
  • 有料サービスにて対応させて頂きます。
  • 1日に数回服薬していますが、薬の管理をしてもらえますか?
  • お薬の管理は、要介護度2以上であれば介護保険で行なえます。介護保険対象の場合には、有料サービスで管理させて頂きます。
  • 認知症の症状が出てきていますが、認知症であっても入居できますか?
  • 他の入居者様に迷惑が掛からない程度であれば可能です。
  • いつも使っている石鹸やシャンプーを使いたいのですが、お願いできます?
  • 入居者様毎に対応させていただいております。石鹸やシャンプーをご持参いただければ、保管して入浴時に利用させていただきます。
  • ターミナルケアの受入れはしてもらえますか?
  • 基本的に受け入れ可能ですが、各施設へお問い合わせ下さい。

福祉用具について

  • 福祉用具の商品にはどのようなものがあるのですか?
  • 車椅子やベッドのような大きな商品から入浴用椅子まで幅広く取り扱いしております。詳細は、ロイヤルヘルスケアのページをご覧ください。
  • どのような福祉用具を選べばよいのかわかりません。アドバイスしてもらえるのですか?
  • 福祉用具の専門相談員がおりますので、ご連絡いただければ、お電話又はお伺いしてご相談させていただきます。
  • 福祉用具の使い方がわからない時や調子が悪い時にはどのように対応してもらえますか?
  • お気軽の福祉用具の専門相談員までご連絡いただければ、対応させていただきます。
  • 福祉用具をレンタルするまでの流れを教えてください。
  • 先ずは、ロイヤルヘルスケア(049-299-0181)にご連絡下さい。福祉用具の専門相談員がご要望等をお伺いした後に最も適した商品をご 紹介します。ご満足いただけるとご契約になり、実際にご利用いただくことになります。短期ご利用制度もあります。
  • 福祉用具をレンタルするとレンタル契約の途中で解約はできるのですか?
  • 契約期間の途中にご利用いただけない事情が発生した場合には、お申し付けいただけると契約期間の途中であっても解約することができます。
  • 不要になった福祉用具は、下取りしてもらえるのですか?
  • 福祉用具の損傷の程度にもよりますが、下取りいたします。
  • 福祉用具のレンタルと購入のそれぞれのメリット・デメリットを教えてください。
  • 福祉用具レンタルのメリットは、必要な商品を必要な期間だけ安く借りることが出来、故障時のメンテナンスもしてくれる。 デメリットは、自分の物にならない。購入のメリット・デメリットは、レンタルのメリット・デメリットと逆で、 その用途によってレンタルか購入を使い分けてご利用下さい。
  • 福祉用具をレンタル開始した住まいから遠方に引っ越した場合にもそのままレンタルし続けられる のですか?
  • 当社のサービスエリアは、関東圏になりますのでご利用者様の方で転居先に運搬いただけるのであれば、そのまま継続使用いただけます。
  • 福祉用具の中に貸与と購入がありますが、その違いを教えてください。
  • 貸与になじまない性質のもの、例えば、入浴や排せつ関連用具など、他人が使用したものを再利用することに心理的抵抗感が伴うもの。 吊り上げ式リフトの吊り具のように、使用によって形態・品質が変化し、再利用できないものが、福祉用具の購入品となります。 福祉用具の購入は、1年度に限度額10万円以内で購入費の9割が保険給付されます。
  • 福祉用具を購入する時に介護保険を使えるのですか?できるのであれば、 使えるものと使えないものの違いを教えてください。
  • 要介護者や要支援者の日常生活の便宜をはかるため、および機能訓練のための用具で、要介護者や要支援者の日常生活の自立を助けるため のものの中から、厚生労働大臣が定めるものを言います。介護給付でレンタル対象となる福祉用具次の商品になります。詳細は、福祉用具 相談員にご確認お問合せ下さい。 ・車いす ・車いす付属品 ・特殊寝台(介護ベッド) ・特殊寝台付属品 ・床ずれ防止用具 ・手すり ・スロープ ・歩行器  ・歩行補助つえ ・認知症老人徘徊感知機器 ・体位変換器(エアーマット等) ・移動用リフト(つり具の部分除く)
  • 貴社の施設に入居すると福祉用具のレンタルも貴社の商品になるのですか?
  • ご利用者様がどの会社の商品をレンタルいただくのかをご検討いただきますので、必ずしも当社の福祉用具をレンタルいただく必要はござ いません。現在ご利用中のレンタル品を持参してご利用いただけます。
  • レンタルを希望する商品が貴社のカタログにない場合、取り寄せとかお願いできるのですか?
  • カタログに無い商品であっても介護保険の対象商品であれば、責任を持ってお取り寄せいたします

住宅改修について

  • 住宅改修を考えているのですが、住宅改修すると役所から補助金がもらえるといった制度があり ますか?ある場合にその手続きはどうするのですか?
  • 介護保険の対象となる工事を行った場合に、改修工事にかかった費用の上限20万円までの9割が還付されます。 補助金の手続きについては、ご相談いたします。
  • 住宅改修までの流れを教えてください。
  • ご家族様の皆様に快適で安全な空間作りのお手伝いをする為、先ずは、生活の様子や身体の状態をお伺いし、ご要望を確認します。 ケアマネージャーにもご要望をお伝えいただき、ケアマネージャーと共に改修プランを作り住宅改修を行います。 工事費用のうち、介護保険の対象となる工事にかかった費用に対して20万円までの9割が還付されます。 還付手続きのアドバイスも弊社担当者が責任を持って担当いたします。